よくある一般的なQ&A記事一覧

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)はどんな病気ですか?卵巣嚢腫(卵巣のう腫)とは、卵巣にできた良性の腫瘍です。腫瘍といっても、卵巣の内に嚢胞(袋状のもの)が形成され、その中に液体や半固形状の液体が溜まったものです。指先くらいのものから、大きいものではこぶし大の大きさになります。広い意味で、貯留嚢胞(ちょりゅうの...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)にはどんな種類がありますか?卵巣嚢腫は卵巣腫瘍の一つです。卵巣が腫れる卵巣腫瘍は、大きく3つに分類されます。明らかな悪性腫瘍である卵巣がん、明らかな良性腫瘍である卵巣嚢腫、悪性と良性の間の性質を持っている腫瘍の境界性悪性腫瘍です。そして卵巣嚢腫は、10種類に分けられますが、その...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)はどんな症状がありますか?卵巣嚢腫(卵巣のう腫)ができた場合の症状ですが、嚢腫が小さい場合は、症状はありません。だんだん嚢腫が大きくなると、膀胱を圧迫するため、頻尿という症状が現れ、腸を圧迫すると便秘が起こります。他には、腹部膨満感、下腹部痛、性器出血、性交痛、生理痛、腰痛・大...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の治療法には、どんなものがありますか?卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の治療法ですが、卵巣嚢腫が小さい場合は、経過観察です。数ヶ月おきに大きさをチェックし、卵巣嚢腫の大きさが、4〜5cm以下のままで、無症状であれば、定期検査を続けます。卵巣嚢腫の大きさが、5〜7cm以上になると摘出手術の...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の手術にはどんなものがありますか?卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の手術法ですが、卵巣嚢腫が小さい場合は、定期的に経過を観察します。卵巣嚢腫が大きくなるようであれば(5〜7cm以上)、摘出手術を行います。摘出手術には3つあります。1.嚢腫核出術:嚢腫だけを摘出2.卵巣摘出術:嚢腫のある卵...

卵巣摘出手術の副作用・後遺症はありますか?卵巣摘出手術の副作用・後遺症ですが、両方の卵巣を摘出した場合、術後の更年期様症状です。卵巣を摘出した場合に起こる、このような更年期に似た症状のことを、卵巣欠落症と呼びます。よくある症状は、イライラしたり、のぼせたり、肩こり、めまい、動悸、不眠、不安、うつ症状...

腹腔鏡手術のメリット、デメリットを教えてください。卵巣のう腫の手術の術式のひとつ腹腔鏡手術は、お腹に3〜4箇所穴を開け、その穴からカメラや手術器具を入れ、画面を見ながら手術を行う方法です。婦人科の良性疾患(良性卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症など)の手術では、この腹腔鏡手術がよく行われています。◆腹腔...

チョコレート嚢腫(のう腫)とはどんなものですか?チョコレート嚢腫(のう腫)とは、卵巣腫瘍の1つで、その嚢腫の中に、血液が溜まったものです。子宮内膜症性卵巣嚢胞とも呼ばれます。詳しく説明しますと、チョコレート嚢腫は、子宮内膜症の方がなる卵巣腫瘍です。腫瘍と言っても、良性のものです。子宮内膜症が進むと、...

卵巣腫瘍にはどんなものがありますか?卵巣腫瘍とは、卵巣が腫れている状態をいいます。その腫瘍の原因により、@表層上皮性・間質性腫瘍:卵巣を覆う上皮や卵巣間質が腫瘍化A性索間質性腫瘍:卵胞・黄体に由来するものB胚細胞腫瘍:卵子に由来するものに分類されます。腫瘍の原因が決定された後、良性・悪性・境界悪性の...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)は、再発する病気ですか?卵巣嚢腫(卵巣のう腫)は、手術をしても再発する可能性のある病気です。再発率は、卵巣嚢腫だけを摘出した場合10%前後だと言われていますが、子宮内膜症に起因するチョコレート嚢腫は30%と少し高いようです。再発する時期は個人差があり、手術後4〜5年後が多いよう...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の原因って何でしょうか?卵巣嚢腫(卵巣のう腫)の原因は、はっきり解明できていません。ただ、卵巣嚢腫の1つ、卵巣チョコレート嚢腫(子宮内膜性嚢腫)については、子宮内膜症が原因とされています。また、皮様性嚢腫(成熟嚢胞性奇形腫)についても、卵巣は、卵子のもとになる原始細胞(原始卵胞...

卵巣のう腫を改善する食事とか避けた方がいい食べ物はありますか?卵巣嚢腫の原因は今だにはっきり分かっていませんが、その原因の1つに動物性たんぱく質の摂り過ぎがあると言われています。肉やバター、牛乳、生クリーム、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品です。しかし、海草や大豆、麩などは、食事に取り入れるよう心がけ...

卵巣嚢腫(卵巣のう腫)は自然治癒しますか?答えるのが難しい質問だと思います。ただ、誤解をしてほしくないのですが、「難しい」というのは、自然治癒することが難しいということではありません。「自然治癒できるかどうかは、あなたにかかっている」ということです。どういうことかというと、一般的に卵巣嚢腫は、放置し...