チョコレート嚢腫(のう腫)とはどんなものですか?

チョコレート嚢腫(のう腫)とはどんなものですか?

 

チョコレート嚢腫(のう腫)とは、
卵巣腫瘍の1つで、その嚢腫の中に、血液が溜まったものです。
子宮内膜症性卵巣嚢胞とも呼ばれます。

 

詳しく説明しますと、
チョコレート嚢腫は、子宮内膜症の方がなる卵巣腫瘍です。
腫瘍と言っても、良性のものです。

 

子宮内膜症が進むと、卵巣や腹膜へも病巣を形成します。
卵巣の中にできた嚢腫には、月経時の出血を繰り返した
古い血液が溜まり、丁度、チョコレートのように見えることから、
チョコレート嚢腫と呼ばれています。

 

エストロゲンに依存するため、初経〜閉経までの女性に起こり得ます。