婦人科では教えてくれない卵巣のう腫の改善法

卵巣のう腫の改善に注目されているのが食事療法なのですが、なぜ、婦人科では教えてくれないのか?これは、「教えたくても教えられない」というのが正しい表現かもしれません。

 

なぜなら、婦人科をはじめ、その他多くの医師が医師免許を取得するまでに勉強するのは、病気に対する治療法、病理学、薬理学、毒物学、手術などです。

 

ですから、手術や、ホルモン治療といった化学療法しか提案してくれません。生活習慣や食生活の改善といった栄養学や予防法を熟知している先生はほとんどいないのが現実なのです。

 

なぜ食事で改善できるの?

卵巣のう腫の食事療法

「たかが食べ物で改善できるなんてありえない!」そう思うかもしれません。

 

でも、人間の体は食べた物で成り立っています。これは誰も否定できないと思います。口にしたものが生きるための全ての源になっています。

 

ということは、普段、どんな食べ物を選択するかによって、健康で病気をしにくい体になることもあれば、細胞や免疫が弱く、病気にかかりやすい体になってしまうこともあるわけです。

 

卵巣のう腫も、実は、エストロゲンが体内で優位になることで起きるホルモンバランスが原因だとも言われており、ホルモンバランスが崩れる原因の最も大きなものが食事や生活習慣だと考えられています。

 

もはや「たかが食事」ではなく、「食事こそが健康を握るカギ」であることは、あのガンでさえ手術をせずに食事療法で治す治療法が確立されていることからも分かります。

 

卵巣のう腫になりやすい食べ物、改善に効果的な食事を知っているのと知らないのでは天地の差だと思います。

 

では、具体的にどうすれば良いのか?その答えは意外と簡単です。

 

⇒自宅でできる食事療法の詳しい内容はこちら

 

 

 

  このページ