卵巣のう腫改善の体験談|食事療法で嚢腫が小さくなりました!

(40代女性)
「食事療法で卵巣嚢腫が随分小さくなり、月経排卵もちゃんとするようになりました」

 

今まで生理等で子宮にトラブルを感じることは全くありませんでした。でも突然、いつもの生理が終わって3日ほど経った時に生理に似た出血がありました。その出血は3日で終わりましたが、少し気になったので念のため婦人科で診てもらおうと思い行きました。

 

婦人科では血液を採ったりといろんな検査をしました。そして医師から、卵巣のう腫、子宮内膜症、無排卵月経、ホルモン値の乱れがあると診断されました。40歳前半なのですが閉経も近いだろうということで、これだけの症状を一気に告げられました。体調は全く問題なかっただけにとても信じられませんでした。

 

でもしっかりと受け止めた上で帰宅し、卵巣のう腫や子宮内膜症とは何なのか?どうしてそうなってしまったのか?など調べていたところ偶然、食事療法を知り、自分で治せるならやってみたいと思い早速実践を始めました。

 

病院へは検査等だけで合計4回通院しました。その間に食事療法をずっと続けたのですが、最後の4回目の検査で医師から「卵巣嚢腫が随分小さくなっている」ことと、月経排卵もちゃんとしているということを告げられ明らかに子宮内に大きな変化を感じることが出来たんです。そして、病院からは薬等の処方はもう要らない!とのことで半年後にまた来てみてと言われただけでした。

 

私は自分の食生活には自信がありました。とてもバランスが取れているとずっと思っていました。でもその食事療法のテキストで、卵巣のう腫には良くないものをたくさん食べていたことと、摂るべき食品の摂取も全然足りていなかったとわかり食生活を見直すきっかけが出来ました。

 

食事療法を実践して1ヶ月が経ちましたが、肌の色、艶も良くなってきたと感じています。これからもずっと続けて自分や家族の健康を守り、楽しく生活していきたいと思います。

 

この女性が実践した食事療法がコチラ